CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
カメラ*好き 2011 Winter-Spring (マイコミムック) (MYCOMムック)
カメラ*好き 2011 Winter-Spring (マイコミムック) (MYCOMムック) (JUGEMレビュー »)
むらいさち,編集部 ほか
お料理担当させていただきました☆
facebook
twitter
メルマガ
メルマガ購読・解除
 
Beach Side Living Menu
本棚&レシピブログ
MOBILE
qrcode
ヒーリングリトリート in 鎌倉 Autumn 2013 vol.2 3日目
 17

2日目の様子はこちらから
http://info.beach-side-living.com/?eid=960980

3日目は、またまたいくつかあるブレックファーストの選択肢からbillsへ
16 

私も4年ぶりくらいだったかな?

お決まりのリコッタパンケーキ

週末で人は多かったけど、並ばずにすんなり入れました。

ここは日差しが気持ちいいんですよねぇ〜

でもって江ノ島へ

今回もよく歩いてるなぁ〜

奥宮まで行き、さらに洞窟の方まで降りてきました。

ここでもまた富士山

18

ここでは、魂が反応しちゃってました。

本人もわからず涙が出る。

このあと帰り道では、今回のテーマに関する大きな気づきが

私にとっても、とても大きな気づきを得る時間となりました。

ちゃんとその時、そのとき必要なことが起きるようになってるんですよね。

| └ Retreat/リトリート | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヒーリングリトリート in 鎌倉 Autumn 2013 vol.2 2日目
6

1日目の様子はこちらから 
http://info.beach-side-living.com/?eid=960979

2日目はこれまたfacebookで何回もアップしているので気になっているパンの食べ放題へ行きたいということで、早めに起きてワンコたちのお散歩

夜、珊瑚礁でお腹いっぱいだったはずが寝ている間にもエネルギーをたくさん使っていたようで朝起きるとお腹ペコペコでした。

7

毎回写真では、最初のバスケットだけなのでたらふく食べてる感はないけどかなりの量食べてます(笑)。最後にアップルパイもくるし

前日に引き続きこの日も強風

8

普段なかなかみることのできない富士山を見て喜んでました。

葉山から鎌倉に戻ってきて八幡宮へ

9

紅葉が綺麗でした。

11

続いて銭洗弁天へ

このあとスイーツの選択肢もいろいろあり、マーロウのプリンが食べたいということで再び葉山へ行くとお休み

前日からの流れでどうやら氷を食べる必要があるということになり、鵠沼海岸の埜庵へ

12

夏は激混みなので私も久しぶりでした。

そして、稲村のサンセット
13

ちょうど長谷寺も紅葉のライトアップ
14

うま〜く必要なところに行けるようになってるんですね。

夜は前回と同様イルビッライオで
15

ここではやっぱりそこ?って感じの私の大きな気づきがありました。

つづく
http://info.beach-side-living.com/?eid=960981

| └ Retreat/リトリート | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヒーリングリトリート in 鎌倉 Autumn 2013 vol.2 1日目
10

 先日の名古屋の生徒さんたちに引き続き
 http://info.beach-side-living.com/?eid=960975

近江八幡からも紅葉の鎌倉にいらしてくれました!

それも前日に急遽決まったのですが、変化している人は行動が早いですね。

前回同様小田原でピックアップ

今回は朝だったので、そのまま箱根神社へ

1

さっそくいろいろ反応が出てました(笑)!

お昼は、箱根というと定番化しているはつ花

2

で、お決まりの天山

4

お風呂に入る前におちゃをしているといろいろ気づきがでてくる出てくる。

3

facebookにいろんな写真をアップしているので、夕食も選択肢がいろいろあって迷うところだけれど鎌倉には学生のとき以来ということだったので定番の珊瑚礁へ

5

戻ってからは、前日に講座で使ったいろいろなカードがでていたのでそれらを使ってメッセージを受け取っていたのですが、その日いろいろなところへ行きながら気づいたことに関することばかり

どのカードをひいても同じことばかり(笑)。

つづく
http://info.beach-side-living.com/?eid=960980
| └ Retreat/リトリート | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヒーリングリトリート in 鎌倉 Autumn 2013

ヒーリングツアー
http://info.beach-side-living.com/?eid=960956

ヒーリングリトリート
http://info.beach-side-living.com/?eid=960972

が一緒になった特別メニュー

今回は、名古屋の生徒さんたちがいらしてくれました。

土曜日仕事が終わってから小田原でピックアップ

そのまま箱根の天山(温泉)へ

tenzan

さっきまで名古屋で仕事してたなんて〜

私はちょくちょく夜行くのですが、一般的に温泉というと旅行とか特別に感じちゃうみたいですね。

今回のテーマは枠はずし

翌朝は起きてからいくつかのプランを提案し、ブレドールへパンの食べ放題に行きました。

bread

私も久しぶりで食生活を変えてからバターを使っていなかったんだけど、少し前から木次(奥出雲)のバターを使うようになったので、ブレドールでもエシレバターを使いました。

最近は木次の牛乳も飲むようになったのですが、一般的にあれがダメこれがダメ、よくないと判断しちゃうことも多いんですよね。

今回は食を通してもいろいろ枠はずし題材がでてきてましたね。

あれが嫌い、これが嫌いといろいろあるけど無意識にそれらを食べようとしなかったり、選択しないようにしていてみてみぬふりをしてきたことに気づいてました。

おいしい、楽しいと感じながらの食事

味覚だけで食べるのではなく、五感を使って楽しむ☆

たらふくパンを食べたあとは、八幡宮へ

hachiman

神社も行きなれない人にとっては手と口を清めるところからお参りの仕方など

そのあと御霊神社と長谷寺へ

神社とお寺の違いも知らない人多いんですよね。

って、私自身も以前はまったく無知でしたから(笑)。

そのあとは、ワンコたちとのお散歩

海を歩いたり、いろいろな人と触れ合いながらそこにも気づきが

夜は、イルビッライオでイタリアン

uni

ここにもまた食の課題がいろいろと出てきてました。

翌日は朝江の島へ、奥宮まで行き

お昼は佐島でお魚を食べ

sajima

そのままマーロウへ

メニュー選びのときに、栗の盛り合わせのデザートが葉山店限定というキャッチで出ていて、ケーキ、プリン、アイスと盛りだくさん

malon

アイスを食べると必ずお腹が痛くなるんですよぉ〜というまた課題がでてきてました(笑)。

子供のころの何かと関連してるんですよね。

メニューを決める時にも、いいと思ってもあーだこーだ思考で違うものにして最初にいいと思ったものをほかの人がオーダーして後悔するということもでてきてました。

で、結局みんな同じ盛り合わせにして 
アイスを食べてもお腹痛くならなかったし、満足し後悔せずに楽しめてました。

食も楽しんで食べることってなかなかできてない人って多いんですよね。

思考で選んで食べてる。

最後にしらすとキビヤのパンを買って帰って行きました。

外向けには美食ツアーのように見えますが、食を通しての枠はずしでしたね。

このあとにオーストラリアから昨年バリのリトリートで一緒になった友だちも来ていたので久しぶりに鎌倉案内が続いてました。
http://blog.beach-side-living.com/?eid=1009035


| └ Retreat/リトリート | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リトリート後、上高地へ
 saisho

リトリート終了後
http://info.beach-side-living.com/?eid=960921

希望者で上高地へ行ってきました。
http://info.beach-side-living.com/?eid=960914

上高地は、リトリート終了後一人で行く予定していたのですが参加される方々も行きたい!という人がいたので

上高地は車で入れないので、駐車場に置きバスかタクシーで

今回は、大正池から入りました。

taisho

きれいなエメラルドグリーン

私もそれほど山に行ったことはないのですが、他の人たちは上高地も初めてで

他の山にもほとんど行ったことがないという人たちでした。

three

私は、さっそく足を水につけ気持ちい〜とやっていたのですが

冷たくないの?など、思考が先にでちゃうんですよね。

体験してどう感じるか?が大切

アップダウンはない、平坦な道で途中木で歩道が作られたりしているので通常の山を歩くよりも断然らくちん

次は、田代池
tashiro

お水がめちゃくちゃ透き通ってる。

tashirob

この二か所たいして離れていないのに、まったく違う雰囲気ですね。

1時間くらい歩いてくると一人が頭が痛いと浄化が始まりました。

一緒に話をしながら歩いていると解放が起き涙が

自然のちからって凄いよねぇ〜

昨年の飛騨高山でもいろんなことがおきてたもんなぁー

しばらく歩くと有名な河童橋に着いたんだけど、えっ?!ここが河童橋?

というのは、20年くらい前に短大の友人たちと初めて訪れたのですがその頃は海では遊んでいたけど、山へスノーボード以外で行くなんてことはしたことなかったし、自然というものを意識してなかったから河童橋からの景色をみたときに感動したのを覚えていて

その感覚が忘れられず、また上高地行きたい!と思いながら20年が経っていたのですが

この5年くらいは自然に触れることを常にしているので、そのときの感覚とはまったく違ったんですよね。

当たり前のことなんだけど

なんかその確認ができておもしろかった。

今回は、上高地で行きたかったのは穂高神社の奥宮のある明神池だったので更に歩きました。

私も歩きながら頭が痛くなってきて、エネルギーの強さを感じてました。

一之池、二之池とありここは二之池

この石なんだ?ピラミッド???

myojin

ここのまわりがとてもエネルギーが強く、みんなにもそれを体感してもらいました。

こういうエネルギーの強い場所ってカメラがおかしくなって撮れないことが多いんですよね。

このときこの写真もようやく撮れたんです。

ここは明神橋

河童橋と違って人も少ないからエネルギーがとってもクリア

breage

途中お昼を食べたりしてたけど、大正池から歩きだして4時間経過してました。

エネルギーの強いところに慣れてない人たちは、頭痛やさむがったり、吐き気があったりと大浄化が始まってました。

といいつつ、私も頭痛がどんどんひどくなって

ようやく河童橋に戻りました。

kappa

河童橋でもこの景色はよかったなぁ〜

更に、バスターミナルまで歩きタクシーに乗ると運転手さんがお世話好きな方で一番上にある写真のポイントに連れて行ってくれました。

穂高が逆に写るので、逆穂高

ここの景色は朝早くがおススメとのこと

上高地何をしたいか?で何時間必要か?何時に行けばいいか?をきちんと計画してきたほうがいいよぉ〜と教えてくれました。

車の中には運転手さんが撮影した写真のファイルがたくさんあってみせてもらったんだけど、残念なことに私は気持ち悪くなってしまいそれどころではなかったんです(笑)。

やっぱり自然の中を歩くっていいよなぁ〜

浄化は起きるけど、それは必要なこと

自分でやろうと思ってもできない部分を自然は勝手に起こしてくれるってすごいよね。

今までこんな経験をしたことのない人たちも、今まで体調が悪くなった感じとは違うというのを感じていました。

私は、そのまま富山に抜けたので上高地でみんなとはお別れしましたが、本当に濃ゆ〜い3日間でした。

次回はどこでリトリートしよっかなぁ〜???
| └ Retreat/リトリート | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安曇野リトリート3日目、最終日

sharom2

安曇野リトリート2日目PM
 http://info.beach-side-living.com/?eid=960920

最終日は6時から瞑想、ヨガとたっぷり2時間

前日の夜かなり強い雨だったけど、朝はすっかりあがって気持ちいい日差し

ヨガが終わって、朝ごはん

bf

こんな景色をみながらの朝食
yama

ほんと気持ちいい

こんな朝から始まる1日は、気持ちよく過ごせるよね。

シャロムのスタッフが朝畑で採って来たお野菜を外で洗ったりもしてるんです。

leaf

こんなにみずみずしく、やわらかそうな葉っぱたち

パンも石窯があってそこで焼いてるんです。

目の前にあるものを食べるだけでなく、食べながらこのような作業を目にすることができるって食に対する感謝の気持ちにも気付くことができます。

今回のリトリートは、その場にいるだけで、目にするものから何かを感じるという体験を多くできました。

そして、自然の中にどっぷりつかり自然とのつながり、調和

そこからの気付き

何もしなくても、自然が多くのことを教えてくれる。

sharom

チェックアウト後リトリートは終了しましたが、オプションで希望者は上高地へ

つづく
http://info.beach-side-living.com/?eid=960922

| └ Retreat/リトリート | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安曇野リトリート2日目PM
安曇野リトリート2日目AM
 http://info.beach-side-living.com/?eid=960919

田んぼでの作業が終わり、お昼は穂高神社のところにあるお蕎麦屋さん”とりい”へ

soba

前日、穂高神社へお参りをしたときに気になっていたお店

以前シャロムのスタッフだった方がやっているお店なんです。

辰野の蕎麦粉だけを使用した9割蕎麦

安曇野産の生わさび、つゆにお砂糖を使用しない

私はおろし蕎麦にしました。

こしがあって、しゃきっとしてておいしかったです。

soba2

これは、そば餅
mochi

甘い醤油だれときなこ

安曇野と言えば山葵

昨年は、飛騨高山の精油抽出ツアー
http://info.beach-side-living.com/?eid=960797

へ行ったときにわさび農園に行きました。

一人の方がわさび苦手なんですぅ〜というので、本物は違うからちょっと試してみたら?とすすめてみると、食べることができました。

ちゅうぶのわさびしか食べたことないとわさびがダメと思ってしまうけど、本物を知れば自然のエネルギーだから大丈夫なんですよね。

なんでも、その本物、本質を知るということが大切

ちょっとしたことから気付きが得られるのがリトリートならではですよね。

宿へ戻ると、麦の収穫

mugi

麦の収穫を体験できるなんて思ってもいなかったです。

根元を切るんだけど、私は力を使ってしまって根っこから抜いちゃうことが多くそこからも自分自身の気付きが得られました(笑)。

みんなでやったからあっという間に終わったけど、刈ってしまうとこれだけ
mugi2

これからとれる小麦なんてほんの少し

こうやって体験すると本当農作業って大変なんだよなぁ〜と

田んぼでの筋肉痛、日焼けもしカラダが疲れたところでシェアリングをしてからヨガ

自由時間や休憩時間をいちお設けていたけど、自然に触れることをしているとそんな時間なくても、あわただしさもなくヨガがあることでうま〜く調和されてる感じでしたね。

二日目の夕食のメニュー

manu0714

ズッキーニをこんな使い方してました。
zukki

スーパーでのズッキーニしか知らない人はこんな大きいのがあるの?と思うみたいだけど、市場へいくと大きいのばかりなんですよね。

スーパーの野菜しか知らない人ってまだまだ多いんだなぁ〜って

pumpkin

メインは、そばの実ソーセージ

玄米は、ゆかりとくるみが入って

main

スイーツは、ブルーベリーのタルト

tarto

dinner

夕食後は、田んぼでの汚れを落とすためにお風呂に入って

それからオーラスプレーを作り、エッセンスを選びシェアリング

2日目はたっぷり15時間?

つづく
http://info.beach-side-living.com/?eid=960921
| └ Retreat/リトリート | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安曇野リトリート2日目AM
 安曇野リトリート1日目
http://info.beach-side-living.com/?eid=960918

二日目は、朝5時半からヨガをして7時からはシャロムのエコツアー

morning

森の幼稚園や畑を案内してもらいました。

野外保育
kinder

おままごとも使わなくなった調理器具を使ったり

木につけたブランコなど遊び道具は自然のものばかり

これは子ども用のトイレなんだけど、中は子どもたちが育てている畑の肥料にできるような作りになってます。

toilet

続いて自然農法の畑へ

hatake1

スタッフのぐっさんが自然農法や土作りについてなど話してくれました。

hatake2

自然農法の畑って、雑草だらけで汚いって思うけどそのままの状態にすることで自然界での循環がおきてるんですよね。

いくつかの野菜についてもお話ししてくれました。

ここは、子どもたちの畑
morinoko

エコツアーが終わってからは朝ごはん
break

breadfast

自然の中で食べるごはんは、気持ちいい〜

outdoor

昨晩お皿の話を聞いたので、朝はみんなきれいに

after

朝食後は、車で10分くらい行ったところにある田んぼでの作業

自然農法でやるには、手間がかかるんですよね。

みんなで、除草作業

全部をとるわけではなく、ある決まった草をとる作業

その草があると稲の根がはれなくなるからだそうです。

みんな泥だらけで、中腰での作業

グラウディングが強くなります。

無心でやっているので、瞑想状態にもなってました。

ricefild

シャロムの田んぼは3面あるのだけど、それぞれ違う品種、違う農法で行っているそうです。

tanbo2

畑はやりたいと思うけど、手を出したら大変そうなので未だに踏み込めないでいるのですがちょっと体験させてもらい、話が聞けてよかったです。

これだけの体験をしてもまだまだお昼

早起きをすると1日が充実します。

つづく
http://info.beach-side-living.com/?eid=960920
| └ Retreat/リトリート | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安曇野リトリート1日目
mountain 

【自然の中でじっくり自分と向き合うリトリート2013】 in 安曇野シャロムヒュッテhttp://info.beach-side-living.com/?eid=960901

sharom

安曇野というお水がきれいでエネルギーのいい場所、シャロムヒュッテという自然派の宿、エネルギーのある食事、ヨガやシェアリングの時間、農業体験などいろいろな体験をし私も含めみなさん変化しいい時間を過ごすことができました。

私は早く着き、いくつかの神社へご挨拶

お昼に電車組を穂高駅でピックアップ後、宿へ行く前に手作りパンのカフェ”カフェ・ジャルダン”でランチをしました。

lunch

静か聞こえるのは鳥や虫の声、気温も心地よくの〜んびり

安曇野という場所だけで充分リラックスできちゃいました。

そのあと、宿へチェックイン

room

手作り感があり、あたたかさのあるお部屋

エッセンスやアロマを並べちゃいました。
essence

とりあえずは、まわりをお散歩

green

シャロムは自然農法で畑もやっているので、そこもみにいってみました。

桑の実を食べて見たり
berry

お散歩して自然のエネルギーをチャージしたあとは、のんびりヨガと脚のセルフマッサージでリラックス

あっという間に夕食タイム

夕食は別棟にあるオーガニックレストランで

restrant

ここもあたたかさがあるんですよね。
cafe

シャロム畑で採れたお野菜でのコース料理

まずはメニューの説明

1日目のメニューはこちら
manu

あと、テーブルにあるフォカッチャ、おそうじパンの説明

汚れが落ちやすいよう、最後にこのパンでお皿をきれいにする。

私よくレストランでするのですが、お店の人に驚かれるんですよ(笑)。

もう一つは、食べきれないなぁ〜と思ったら先に別のお皿によけて他の人が食べられるようにというお皿が用意されていました。

pan

人参のテリーヌ
carotto


玉ねぎの冷製ポタージュ
suap

メインは、大根ステーキ
daikon

玄米
genmai

スイーツは甘酒のティラミスと玄米コーヒー
dorce

食事をしているとき子どもたちが歩き回っているのですが、とっても自然で気にならないんです。

お店で働いている人の子どももどこかのテーブルに自然と入って、遊んでいたり

こういう宿を選ぶ方々というのは意識が高いから、子どもたちも抑圧されてる感じがなくのびのびしている感じなんだねぇ〜とみんなで話をしてました。

夕食後、お風呂と出たあとに使えるようアロマとエッセンスを使ってシャンプー&リンス、化粧水、虫よけスプレー、マッサージオイルを作り♪
aroma

作るものが盛りだくさん!

精油やフラワーエッセンスからのメッセージをもらい、自分自身の確認

そんなこんなしている間に、土曜日仕事組が到着〜

私たちがいただいたご飯がワンプレートになって宿の食堂でいただきながらのシェアリング

1日目から盛りだくさんでした。

つづく
http://info.beach-side-living.com/?eid=960919
| └ Retreat/リトリート | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【自然の中でじっくり自分と向き合うリトリート2013】 in 安曇野シャロムヒュッテ


終了したレポート

1日目
http://info.beach-side-living.com/?eid=960918

2日目AM
http://info.beach-side-living.com/?eid=960919

2日目PM
http://info.beach-side-living.com/?eid=960920

3日目
http://info.beach-side-living.com/?eid=960921

上高地
http://info.beach-side-living.com/?eid=960922

--------------------------------------------------------------

azumino2 

仕事や日常生活を離れ、自然の中にどっぷりつかり自分と向き合うリトリート

今年は、そんなリトリートにぴったりな、安曇野穂高にある玄米自然食の宿”シャロムヒュッテ”で2泊3日で開催します。

安曇野を見下ろす落葉松林の端にあり、化学物質を使わない建物では木のぬくもりを感じ、自家農園の自然農で育てた野菜や玄米、手作り石窯で焼いた天然酵母のパンなど大地のエネルギーを取入れ、農業体験もででき田舎暮らしを体験することができます。

こんなすばらしい場所で、アロマ、ヨガ、瞑想、マッサージ、フラワーエッセンスなども取り入れながら自分自身とじっくり向き合ってみませんか?

化粧水やシャンプー、マッサージオイル、オーラスプレーなどを毎日使っている日用品をアロマ、ハーブ、フラワーエッセンスを使って手作りしナチュラルなものに、瞑想やヨガでは、じっくり自分の内面をみつめエネルギーを流して行きます。

フラワーカードを使いながら今の自分を確認し、課題をみつけ、自分のパターンを知り、不要になった思考や感情を手放して本当の自分をみつけていきましょう。

今回のリトリートでのヨガは名古屋でWSを一緒にやっているnacoちゃんが担当します。

【自分らしくいるために、自分を感じて行こう!】
http://info.beach-side-living.com/?eid=960855

リトリートという自然とのつながりを感じ、たっぷりと時間を使うことで、からだもこころもゆるみ本来の自分に戻る気付きを得ていただけたら嬉しいです。

スケジュールは下記のような感じですが、その日の流れで変更になる場合もございます。

from naco
http://ameblo.jp/nacoyoga/entry-11541728818.html

私たちは生きていると日々、心身共にチリが積ります。

ヨガプラクティスを続ける事で、そのチリに気づき、取り除く作業が出来ます。

「自分と向き合う」ワークをより深める為の浄化のヨガ

でっかい安曇野の自然の中で、ゆ〜っくり呼吸をして、瞑想して、カラダを感じて、自分をクリアに保ち、今の自分に気づいていくサポートをします。

カラダが、心が、エネルギーが自然と共鳴していくすばらしい経験を、どうぞシェアしましょう!

【SCHEDULE】
- 7/13 Sat
 14:00pm - シャロムヒュッテ集合
 15:00pm - チェックイン後自己紹介等オリエンテーション
   15:30pm  - Yoga
   17:00pm  - Aromaとフラワーエッセンスを使った化粧水、シャンプー&リンス、虫よけスプレー、マッサージオイル、オーラスプレー作り
 18:00pm - 夕食(シャロム畑で出来た野菜を使った玄米菜食のディナーコース)、入浴
 20:00pm  - シェアリング、マッサージ、瞑想
 22:30pm - 消灯

- 7/14 Sun
   5:30am - Yoga & Meditation
   7:00am - エコツアー
   8:00am - 朝食、休憩
 10:00am - 散歩、Walking Meditation
 12:00pm - ランチ(ランチ代別途)、シェアリング
 15:30pm - Yoga
 18:00pm - 夕食、入浴
 20:00pm  - シェアリング、マッサージ、瞑想
 22:30pm - 消灯

- 7/15 Mon(holiday)
   5:30am - Yoga & Meditation
   8:00am - 朝食
 10:00am  - チェックアウト後、シェアリング、ランチ(ランチ代別途)後14時ごろ自由解散

※オプション
終了後上高地へ
http://info.beach-side-living.com/?eid=960914

■日程:2013年7月13日(土)〜15日(祝、月)
※途中参加等希望される方はお気軽にお問い合わせください。

■場所:シャロムヒュッテ
長野県安曇野市穂高有明7958-4
http://ultraman.gr.jp/shalomhutte/index.html

■アクセス:
電車:JR大糸線穂高駅下車 車10分(電車の方は駅までお迎えに行きます。)
車:中央高速長野線安曇野インターより15分
http://ultraman.gr.jp/shalomhutte/pg274.html

■定員:10名

■申込み締切:7月3日(水)
※締め切り後も宿の予約状況により参加可能な場合もございますので、お気軽にお問い合わせください。

■参加費:48,000円
【参加費に含まれるもの】
宿泊費(2泊)、食事代(夕食、朝食4食)、ヨガクラス4回、ワークショップ(シェアリング)3日間、アロマ講座、アロマ作成用器材(化粧水100ml、シャンプー&リンス、虫よけスプレー50ml、マッサージオイル(足、顔))、フラワーエッセンスボトル20ml、オーラスプレー50ml、精油、フラワーエッセンス
【参加費に含まれないもの】
昼食代、交通費

■持ち物:
ヨガマット、ヨガウエア、ルームウエア(寝るときの服装)、タオル(バスタオル、フェイスタオル等)、帽子、日焼け止め、お水、カメラ等
※お部屋にアメニティ(洗面道具、タオル類、浴衣)のご用意がありませんので、各自持参ください。
※日用品(化粧水、シャンプー&リンス)に関しては、アロマでの手作りします。(石けん、クリーム、虫さされクリーム等はこちらで作成したものをご用意します)
※天気予報が不安定な場合は、雨具を用意して下さい。

■お申込み&お問合せ
下記申込書をコピーして記載しinfo@beach-side-living.comまでお送りください。
お申込み確認メールにて振込先をご案内させていただきますので、1週間以内にお振込お願いします。入金確認後正式なお申込みとさせていただきます。
※携帯メールの場合、パソコンからのメールが受信できない方は携帯より返信させていただきますので、その旨ご記入ください。iPhoneの方はSMでの返信も可能です。
※迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性もございますので、3日以内に返信が無い場合お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。090-3965-7945
※なお、いったんお支払いがあった後にキャンセルされる場合は、以下のようなキャンセル料が発生します。

【キャンセル料】
21日前10% 14日前20% 10日前30% 前日50% 当日100%

──────────────────────────────────
◇◆◇◆◇自然の中でじっくり自分と向き合うリトリート2013◇◆◇◆◇
【氏名】
【フリガナ】
【ご住所】
【携帯番号】
【生年月日】
【お仕事】
【e-mail】
PC:                    携帯:
【アクセス方法】電車・車

【ご質問・ご要望】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
───────────────────────────────────

| └ Retreat/リトリート | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>