CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
カメラ*好き 2011 Winter-Spring (マイコミムック) (MYCOMムック)
カメラ*好き 2011 Winter-Spring (マイコミムック) (MYCOMムック) (JUGEMレビュー »)
むらいさち,編集部 ほか
お料理担当させていただきました☆
facebook
twitter
メルマガ
メルマガ購読・解除
 
Beach Side Living Menu
本棚&レシピブログ
MOBILE
qrcode
9年分の振り返り作業
 リトリートから上高地、富山、石川、滋賀とまわってきて不要なものを手放し、新しいエネルギーを得て来ました。

今の私自身が与えられるものを再確認

現在、今後の講座の内容を改定しています。
http://info.beach-side-living.com/?eid=960923

それに伴い、私が自分自身と向き合うようになり意識が変化していった過程を振り返ってみています。

気づきを書き出してきたノートもひっぱり出してきたのですが、もう今は必要ないものばかりでした。

すでに、自分のものになったものは必要ないんですよね。

本もそう。

どちらももう必要ないと思ったものは処分しました。

見返しながら、今では自分の感じていることに確信をもてるようになったけど

う〜ん、これはまだ自分で理解しきれてないからなぁ〜と判断して、出していなかったものもありました。

何度も自分の体験を繰り返し、やっぱりこれだ、そうだ!と思ったことに関しては今後どんどんお伝えして行きます。

といっても、私がお伝えすることが正しいわけではなく

そこから自分自身で感じるということを大切にしてくださいね。

大きく捉えていくと、とてもシンプル

最初は自分自身に意識を向けているという意識はなかったけど、知らず知らずのうちにやっていたことが自分に意識を向けて、向き合うという作業でした。

アセンションとか新しい世界になるとか

三次元から五次元へ移行するとか

物質的なところから精神的なところへ

などなど

これらのことを理解してやっていたわけではなく、ただ自分と向き合うことをしていくうちにこれらのことを理解できる意識になっていた感じですね。

今だからこれらのことが理解できる。

魂のことだってわかってなかったからね。

自分に意識を向ける前の私といまの私ではまったく違う。

といってもそのころの私も私

そのころの私はほんの一部であって、今は拡大した私になってる感じかな?

なわけで、今後は私自身が変容、覚醒の過程で経験してきたことを元に

みなさんの変容、覚醒をサポートして行きたいと思います。
| 【traveling to myself】自分自身への旅 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
体重の変動
 ダイエットってこれも今の私の辞書にはないワード

2004年以前は食事に気をつけたり、運動したりしたことありました。

19歳のころが体重的には一番減ってた時期だった。

そのあと学生のとき、精神的なことがいろいろありどんどん増えてったんだよねぇ〜

1996年から1998年の間はカルフォルニアにいて、帰国したときには体重がMaxになってた(笑)。

日本に戻って少しずつは減ったけど、そのあとは一定の体重から落ちることはなかったかな?

そのころ痩せるには食生活と運動としか思ってなかったからね。

まったく精神的な部分になんて意識行ってなかったもんなぁ〜

2004年10月からライフスタイルを変えだしてたった1ヶ月でがくんと体重は落ちた。

食生活もそうだけどヨガや精神的なところにも目を向け始め、太っていた原因は精神的なところがほとんどだったことに気付きだした。

2005年1月ママが他界しいろいろなことが整理できたころには、10kgくらいは落ちてたのかなぁ?

その頃働いていた会社は5フロアあったんだけど、他の階のコと久々に会うとみんなにおどろかれた。

後ろ姿もぜんぜん変わったらしく、後ろからみたらわからなかったーといろんな人から言われてたなぁ〜

それからは、まったくダイエットとか体重のことは気にならなくなった。

ヨガを深め出して更に体型が変わってきた。

それまで使ってなかった中の筋肉や酸素が行きとどいてなかった部分に呼吸を入れられるようになったりしたことでだったんだよね。

それからも、食生活やヨガを何回も深める時期がありその度に体型や体重の変動があったなぁ。

この1年くらいはエネルギーで変動するのを感じている。

適正体重になるように調整されているんだなぁ〜って

なので、最近はまったく体重のことは気にならない。

今意識が行くのは、内側だなー





| 【traveling to myself】自分自身への旅 | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
メンタルケア
 ボディケア
http://info.beach-side-living.com/?eid=960741

トリートメントと言っても、ただコリをほぐすだけのマッサージではなくメンタル的なケアもしてくれるところでした。

でも、それだけでは足るはずもなく

カウンセリングやワークショップにもうまく時間を利用して行ってたんだよなぁ〜

それまでは、まったく自分自身をみる、向き合うなんてことしたことなかった

いや、知らなかったからやりようもなかったんだよね。

最初は、ママをどうにかしてあげたい、私にできることは何だろう?だったけど

これをきっかけに自分自身をみるということがなんとなくわかってきた。

チャクラに関してもよくわからなかったけど、どこへ行っても言われたのが第五チャクラ

スロートチャクラ

のど

首も悪かったし、声も何回かでなくなることもあったり、のども弱かった。

変な咳もよくしてたし

言いたいことを言葉にすることもできなかった。

あなた、いっぱい溜めこんでるわねぇ〜

って言われても

ん?という感じで、溜めこんでることすらわかってなかった(笑)。

我慢することに慣れすぎてたから

私は大丈夫

ってねー

大丈夫じゃなんかなかったのに

今、こうやって過去の自分を客観的にみてるとおもしろい。

こんな私もいたんだよねーって

今の私しか知らない人は、私がそんなころがあったなんて思わないかもだけど

ひどかったよ(笑)。


| 【traveling to myself】自分自身への旅 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ボディケア 〜トリートメント〜
 まずやったこと
http://info.beach-side-living.com/?eid=960740

ライフスタイルを変えることの他に取り入れたことはボディケア

あの頃は、カラダの不調を自分で改善するなんてことわからなかったし

それどころではなかったので

カラダのメンテをしてもらいに定期的にいろいろなトリートメントを受けに行ってました。

もともとたま〜に行ってたところがあったんだけど

他にもいろいろ受けてみたくなって初めてのところにも何か所か行ってみた。

そういうときって、自分にとって必要な情報くれる人に出会えるようになってるんだよねぇ〜

トリートメントでもそのときの自分の状況によって行きたい、施術してもらいたいという人って違うんだよね。

要は、そのとき自分が必要なエネルギーを自分で探してそこにもらいに行ってる。

今振り返ってみると、年齢的にママに近い年齢や自分より一回りくらい上の人のところだったなぁ〜

やっぱりあのころは不安でいっぱいだったから安心感を与えてくれる人を選んでたんだね。

他には、温泉までは行く時間がとれなかったけど近くのスーパー銭湯へ行くようにしてたなぁ〜

わからないながらも自分で必要だと思うもの選んでやってたんだ。


| 【traveling to myself】自分自身への旅 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まずやったこと
 強制終了ボタンが押されてまずやったことというと

う〜ん、何からだったかなぁ?

その頃のころblogに残しておこうとは思いつつ、書ける状況ではなかったからね。

日々の生活にすぐ取り入れられることというと食生活の見直し

すぐに取り入れられるけど、食生活というと長い間の習慣化したものもあるからこれを変えるのってなかなかできないんですよね。

いきなりマクロビの話を聞いたところでよくわからないし、食材、調味料、調理道具などキッチン回りの不要なモノの処分、片づけもしていくことになるからすぐに取り入れられると言えちとハードルが高いんだよね。

その頃は、まだマクロビに関する本も少なかったし自然食のお店とかも少なかったからね。

なのになぜか私が働いていた目黒駅には自然食品のお店が2店舗あり、鎌倉にも3店舗

ちゃんと用意されてたんですねぇ〜

でも、自然食のお店って初めて行くと知らないものもあるし何を買えばいいのかもわからない。

ただ調味料を変えるだけではなく、玄米にすることでおかずも変えないと合わないしおいしくない。

今までの料理に対する考え方も変えて行かないとなんですよねぇ〜

でも、とりあえず調味料から

といっても一気に調味料とかも変えるのではなくなくなったら次買うときにはというように徐々に変えて行きました。

洗剤やシャンプーなどの日用品も少しずつ

これらと同時に風水とか気の流れに関しても気になりだしたので、家中の片づけもしたなぁ〜

あとは、アロマを取り入れたんだけど

もともとまったく知識がなかったからとりあえず本で簡単に独学

アロマって本がありすぎてわからない人にとっては本を選ぶだけでも大変な作業

代替療法といえども薬の代用なわけでもなく、アロマが病気を治してくれるわけでもないからね。

でもあの頃はまだそこまで理解できてなかったなぁー

よくわからないからとりあえず簡単に取り入れることができた、足浴とマッサージを毎日病室でやってました。

他の患者さんや看護婦さんはみんないいなぁ〜って

今振り返りながら私よくやってたなーって思う。

客観的に今みると、このときはまだ自分のことなんて意識行ってなかったよね(笑)。

会社行きながら毎日病院へ行き、帰ってから食事作って本読んで

他のすべてのことをストップ

でも、毎日いろんなことを学べたから楽しくて辛くはなかったんだよね。


| 【traveling to myself】自分自身への旅 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あのころの体調
 今ヨガのクラスやセッション、スクールなどでカラダの状態について聞くとよくあるのが

冷え性、肩こり、頭痛、便秘、生理痛、花粉症、むくみ

とかが多いかな?

これら慢性の症状でも、よくある改善方法だけでは治らないんですよね。

一時的に軽減されたりはするかもだけど、、、

これらの症状を引き起こす、精神的なものがあるんだけどそのような解決法ってほとんど知られていないんですよね。

以前の私はこれらのよくある女性の症状ではなかったけど、根深いものがありました。

首の痛み、変な咳、湿疹、花粉症、動悸 etc...

学生のころから友だちが整体師にいたので、調子悪くなると診てもらってた。

やってもらった数日はよくても、根本の原因をみてなかったからやっぱり戻るんだよね。

その頃は、整体というもので充分だと思ってた。

自分では不調とは思ってなかったし。

花粉症も注射はしてなかったけど、1月から薬飲んでて春先まではぼーっとする状態が続いてたよなぁ〜

湿疹もひどくなると病院へ行ってステロイドもらって塗ってた。

その頃は代替療法なんて言葉も知らなかったし、アロマとかもただのインテリアとしか思ってなかったから

体力には自信があったから、動きまわってて休むこと知らなかったんだよねぇ〜

運動も激しいものばかり、呼吸やリラックスなんて考えなかったもんなぁー

今考えるとひどいよねーーー

この症状

その対処法



ママのことでいろんなこと調べて知ったときに、初めて

ん?これって私もかなりひどいんじゃない?って

疾患としては出てなかったけど、その寸前だったのかも?

これもママが助けてくれたんだなぁ〜って


いろんなことを自分自身に取り入れて、落ち着いたとき会ったヒーラーの方にはあのままだったらあなた病気になってたわよ!って言われたんだよね。

確かに、今思い返すとそう。


変わるきっかけって、肉体的なところから入る人、精神的なところから入る人といるけど

両方をみていかないとなんだよね。

その奥には感情や魂といったところにまで入るんだけど。



まずやったこと
http://info.beach-side-living.com/?eid=960740



| 【traveling to myself】自分自身への旅 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
私のたどってきた道
 今日はママの7回目の命日
http://blog.beach-side-living.com/?eid=1008935

数日前からこの日から今までの私のたどってきた道を書いて行こうと今日からスタートすることにしました。

20代後半やりたいことがわからず、いろんな本を読みあさってたときに感じていたこと

あのころの私は、本を出版している人=成功している人なんて思っていた(笑)。

今は、成功という言葉は私の辞書にはない。

置きかえるとすれば、自分自身になるということかな?

その頃は、どうすれば成功できるのか?という視点だったから、その人がどういう道をたどってそうなったのかを知りたかったんだけどどの本を読んでも成功してからのことしか書かれてなかったのを覚えている。

その頃私が選んでいた本はね。

今となっては自分自身に向かうためにマニュアルはないし、自分でしかみつけられないということがわかってからはそんなことは求めなくなったけどね。

私が大きく変わるるキッカケとなったのがママのことでした。

それまでの私は、やりたい放題

お金貯めては海外行って買い物しまくり、日本にいても毎日出歩いて家には寝に帰るだけ。

といってもお酒は飲めないから、飲み歩いていたわけではないんだけど

起業したくて、人脈作り、情報収集のために毎晩いろんなところへ顔を出してた。

今では、起業や人脈作りなんてこれも私の辞書にはない。

その頃の私はカラダの声を聞くなんて考え方まったくなかったよなぁ〜

カラダの声を聞く???なんのこと?って???だらけだっただろうね。

今facebookのおかげで写真や過去の出来事を振り返らせてもらってて2002年ごろから変わる予兆はあった感じ

そして、2004年10月に強制終了ボタンが押されたのでした(笑)!

あのころの体調
http://info.beach-side-living.com/?eid=960739




| 【traveling to myself】自分自身への旅 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |