CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
カメラ*好き 2011 Winter-Spring (マイコミムック) (MYCOMムック)
カメラ*好き 2011 Winter-Spring (マイコミムック) (MYCOMムック) (JUGEMレビュー »)
むらいさち,編集部 ほか
お料理担当させていただきました☆
facebook
twitter
メルマガ
メルマガ購読・解除
 
Beach Side Living Menu
本棚&レシピブログ
MOBILE
qrcode
<< 7月から名古屋での講座始まります! | main | 安曇野リトリート2日目AM >>
安曇野リトリート1日目
mountain 

【自然の中でじっくり自分と向き合うリトリート2013】 in 安曇野シャロムヒュッテhttp://info.beach-side-living.com/?eid=960901

sharom

安曇野というお水がきれいでエネルギーのいい場所、シャロムヒュッテという自然派の宿、エネルギーのある食事、ヨガやシェアリングの時間、農業体験などいろいろな体験をし私も含めみなさん変化しいい時間を過ごすことができました。

私は早く着き、いくつかの神社へご挨拶

お昼に電車組を穂高駅でピックアップ後、宿へ行く前に手作りパンのカフェ”カフェ・ジャルダン”でランチをしました。

lunch

静か聞こえるのは鳥や虫の声、気温も心地よくの〜んびり

安曇野という場所だけで充分リラックスできちゃいました。

そのあと、宿へチェックイン

room

手作り感があり、あたたかさのあるお部屋

エッセンスやアロマを並べちゃいました。
essence

とりあえずは、まわりをお散歩

green

シャロムは自然農法で畑もやっているので、そこもみにいってみました。

桑の実を食べて見たり
berry

お散歩して自然のエネルギーをチャージしたあとは、のんびりヨガと脚のセルフマッサージでリラックス

あっという間に夕食タイム

夕食は別棟にあるオーガニックレストランで

restrant

ここもあたたかさがあるんですよね。
cafe

シャロム畑で採れたお野菜でのコース料理

まずはメニューの説明

1日目のメニューはこちら
manu

あと、テーブルにあるフォカッチャ、おそうじパンの説明

汚れが落ちやすいよう、最後にこのパンでお皿をきれいにする。

私よくレストランでするのですが、お店の人に驚かれるんですよ(笑)。

もう一つは、食べきれないなぁ〜と思ったら先に別のお皿によけて他の人が食べられるようにというお皿が用意されていました。

pan

人参のテリーヌ
carotto


玉ねぎの冷製ポタージュ
suap

メインは、大根ステーキ
daikon

玄米
genmai

スイーツは甘酒のティラミスと玄米コーヒー
dorce

食事をしているとき子どもたちが歩き回っているのですが、とっても自然で気にならないんです。

お店で働いている人の子どももどこかのテーブルに自然と入って、遊んでいたり

こういう宿を選ぶ方々というのは意識が高いから、子どもたちも抑圧されてる感じがなくのびのびしている感じなんだねぇ〜とみんなで話をしてました。

夕食後、お風呂と出たあとに使えるようアロマとエッセンスを使ってシャンプー&リンス、化粧水、虫よけスプレー、マッサージオイルを作り♪
aroma

作るものが盛りだくさん!

精油やフラワーエッセンスからのメッセージをもらい、自分自身の確認

そんなこんなしている間に、土曜日仕事組が到着〜

私たちがいただいたご飯がワンプレートになって宿の食堂でいただきながらのシェアリング

1日目から盛りだくさんでした。

つづく
http://info.beach-side-living.com/?eid=960919
| └ Retreat/リトリート | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://info.beach-side-living.com/trackback/960918
トラックバック