CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
カメラ*好き 2011 Winter-Spring (マイコミムック) (MYCOMムック)
カメラ*好き 2011 Winter-Spring (マイコミムック) (MYCOMムック) (JUGEMレビュー »)
むらいさち,編集部 ほか
お料理担当させていただきました☆
facebook
twitter
メルマガ
メルマガ購読・解除
 
Beach Side Living Menu
本棚&レシピブログ
MOBILE
qrcode
<< 養成講座はじめます!【Academy/アカデミー】 | main | セルフケア、セルフヒーリングのために感じながら使って学ぶアロマとハーブ講座Vol.3@名古屋 >>
中学生の親子セッション
 中学生や高校生の場合は、お母さんとの親子セッション

よくある問題としては

・学校へ行きたくない
・友だちができない
・いじめられる

ということが多いですが

・勉強嫌い
・めんどくさい
・友だちと話が合わない

などという子たちもいます。

中学生になれば、フラワーエッセンスのことも説明するとちゃんと理解できるんですよね。

親がうちの子はこうだからと選んで渡しても、本人が納得しないと飲まなかったりもします。

説明してあげて自分自身でふに落ちると飲みだすんだけどね。

先日も中学生のお友達同士と一人のお母さんでのセッションで

説明を読んでいると

お母さんが”ちゃんと理解できる年になったんだね”と言うと

”もう中2だよ”と

で、子どもが選んだカードの意味をお母さんにみせると

あれ?自分(お母さん)のこと?

ちゃんとお母さんの課題を選んでくれてるんです。

もちろん子ども自身の課題でもあるので、子どもが選んだエッセンスをブレンドして子どもに作ってもらって親子で同じものを飲んでもらってます。

ヨガを一緒にやる場合もあるのですが

子どものからだの状態を確認できるので、そこからお母さんに気付きが得られるんですよね。

今の中学生や高校生はクリスタルチルドレンと呼ばれるコたちがいる年代なんですよ。

なので話をしていると

”地球に来たのが初めてな気がする”とか

何のために地球に来たのかなぁ〜?と質問すると

”未来をよくするため”と言ってました。

ちゃんとお役目をわかってるんですよね。

このような子たちは、学校だとみんなと違うと感じてて

そんな自分がダメなんだと思い込んでしまう場合が多いんです。

このような状態が出てきたときには、親が気付いていく(自分らしく生きることに)ことで子どもたちは自分たちのお役目を遂行しやすくなり生きやすくなって行きます。

子どもたちは、大人たちが自分らしく生きてくれることを望んでいるんですよ。

クリスタルチルドレンの次の世代のレインボーチルドレンたちは、私は私、ぼくはぼくという自分らしい生き方をおもいっきりしてるんですよね。

これも、大人たちに気付いてもらうために

でも、まだこのことに気付いていない親たちはそんな子どもを自分たちが親からされてきたように社会のルールにあてはめようとしちゃうんですよね。

といってもこれは無意識に

なので、まずはこれらの状態に気付いてあげることが大切なんです。

そろそろ宇宙チルドレンの親たち向けのワークショップやろうかな?

私が子どもたちを集めたわけではないのに、子どもたちから私のところに来てくれていろんなことを教えてくれる

ってことは、お役目で来てくれてるから

私は、自分のお役目に気付いてやるべきことがあるんですよね。

あとは、子どもたち向けにお役目について理解して行けるような気付きが得られるような機会を作ることかな?

【親子セッション】
http://info.beach-side-living.com/?eid=960945
| 【for Kids&Teens/キッズ&ティーンズ】 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://info.beach-side-living.com/trackback/960941
トラックバック